【カットパスの作り方】オリジナルシールを自由な形にカットする入稿準備

【カットパスの作り方】オリジナルシールを自由な形にカットする入稿 おすすめアイテム

オリジナルシールを作成する際に、画像の形に沿った形にカットしたい人にオススメ。

カットするところを指定して印刷会社に入稿するには「カットパス」を作る必要があります。

今回はベタの画像からカットパスを作る手順を紹介します。

使用したソフトウェア

定番ソフト Adobe Illustrator CC を使用しました。

下準備

STEP1:ファイルを開く

カットパスを作成する画像を開きます。

【カットラインパスの作り方】データ読み込み

STEP2:レイヤーを複製する

複製したレイヤーがカットパス用のレイヤーです。

元のレイヤーは間違って触らないようロック&非表示にしておくと良いでしょう。

【カットラインパスの作り方】レイヤーを複製

【分岐点】ベタ画像から作る?パスから作る?

オリジナルシールを作る際、写真などのベタ画像か、イラストレーターなどで作成されたパスデータかで作業が異なります。

ベタ画像なら不要な部分をトリミングし、アウトラインを作成する必要があります。

しかし、パスデータならばアウトラインはすぐとれると思うので、パスのオフセットからご覧ください。

【カットラインパスの作り方】レイヤーを複製

カットパス作成手順

画像トレース

「ウィンドウ > 画像トレース」よりパネルを表示させ、画像をトレースします。

トレースの値は下記の画像を参考にしてみてください。

【カットラインパスの作り方】画像トレース

「分割・拡張」で画像のパス化

「オブジェクト > 分割・拡張」でトレースした画像をパス化します。

【カットラインパスの作り方】分割・拡張

パス化されたのがこちら。

【カットラインパスの作り方】分割・拡張

パス化されたデータを右クリックして、「グループ解除」と「複合パス解除」を行い、全部バラバラにしちゃいます。

【カットラインパスの作り方】グループ・複合パス解除

バラバラになったら、それを「ウィンドウ > パスファインダー」で合体し、1つのパスにします。

今回は出島の形をした扇型の内側はカットしないので、塗り足しが必要です。

【カットラインパスの作り方】パスファインダーで合体

カットしない部分を塗り足します。

【カットラインパスの作り方】ベタ部分を塗り足し

次に、塗りと線を入れ替えます。

【カットラインパスの作り方】塗りと線を入れ替え

元の画像レイヤーを重ねてみると、画像のフチに沿った線となります(ちょっと歪んでしまいました・・・)。

【カットラインパスの作り方】元画像と重ねるとこんな感じ

「パスのオフセット」で画像と線の距離をとる

「効果 > パス > パスのオフセット」を選択します。

【カットラインパスの作り方】パスのオフセットで間隔をあける

「パスのオフセット」パネルで値を調整し、画像とカットパスとの隙間を作ります。

多くの場合、カットパスの±1mmほどカット位置の誤差が発生する可能性があるので、2mm以上あけるようご注意ください。

【カットラインパスの作り方】パスのオフセットで間隔をあける

ちょっとパスがガタついてしまったので微調整。

【カットラインパスの作り方】線のガタツキを調整

「アピアランスの分割」でパスを実体化

「オブジェクト > アピアランスを分割」で「パスのオフセット」を通常のパスにします。

【カットラインパスの作り方】アピアランスを分割してパスを実体化

アピアランスを分割してパス化したものがこちら。

【カットラインパスの作り方】アピアランスを分割してパスを実体化

「スムーズツール」でパスのポイントを減らす

「鉛筆ツール > スムーズツール」のボタンをダブルクリックします。

【カットラインパスの作り方】スムーズツールで線をなめらかに

「スムーズツールオプション」で精度を調整します。

【カットラインパスの作り方】スムーズツールで線をなめらかに

スムーズツールの状態で、カットパスをクリックすると、パスのポイント数が減ります。

【カットラインパスの作り方】スムーズツールで線をなめらかに

「パスの単純化」でさらにパスのポイント数を減らす

「オブジェクト > パス > 単純化」を選択します。

【カットラインパスの作り方】パスの単純化でポイントを減らす

単純化の値を調整してパスのポイント数を減らします。
※やりすぎると形が崩れるのでご注意ください。

【カットラインパスの作り方】パスの単純化でポイントを減らす

【補足】パスのポイント数確認

入稿する業者によって異なりますが、カットパスのポイント数に上限があったり、ポイント数によって金額が異なることがあったりします。

「ウィンドウ > ドキュメント情報」から選択したパスのポイント数が確認できます。

【カットラインパスの作り方】不要なパスはできるだけ減らす

【重要】鋭角な線を滑らかにする

シールのカットで失敗しないために重要なこととして、鋭角な線を滑らかにすることです。
※どうしても鋭角な部分はきれいにカットできず、カット部分が荒れることがあります。

【カットラインパスの作り方】尖った部分を滑らかにする

【注意】カットパスの指定について

レイヤー、太さ、色 など、印刷会社によって指定されている場合があるのでご注意ください。

<指定例>
※レイヤーの一番上に、カットするラインのパスを作成してください。
※カットラインの線の色は黒、または白で作成してください。
※カットラインにオブジェクトがかかる場合、内側、外側(塗足し)共に、2㎜以上になるように作成してください。

【カットラインパスの作り方】カットパス完成

これでカットパスの作成は完了です!

あとは、このデータを印刷会社に入稿してシールを作成してもらいましょう。

印刷会社への入稿についても記事を書いたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ちなみに、完成したシールがこちら。

完成した長崎会のノベルティシール

オリジナルシールをスマホに貼ってみた

さいごに

パスツールを使って手動でカットパスを書くという手もありますが、複雑なパスはできるだけツールで簡単に済ましてしまいたいところです。

しかし、ちょっと手数が多かったので、意外と手動でパスを描くほうが楽かもしれません。

最後までごらんいただきありがとうございました。

コメント